海外でで通用する CG英会話ブログ

2011年4月18日月曜日

CG英会話 第42回:英語の返答はこんなに難しい(でも覚えたら便利)

CG屋のためのプロダクション英会話!」第42回:英語の返答はこんなに難しい(でも覚えたら便利)

"Is it?/does she?"
「そうなの?」

さて、今まで、当CG英会話ではなるべく英語のグラマーには触れないように書いてきましたが、今回は説明上どうしても入ってしまいます。
というのも、今日のCG英会話はちょいと小難しい話になります。
ですが、これが出来ると返答の幅がぐっと広がるので、ぜひトライしてみてください。

簡単に言えば「(Be)動詞+主語」で相手に「そうなの?」と聞き返すだけの言葉ですが、英語の場合、会話の主語/時制によってこちらもそれに合わせて聞き方をとっさに変えなければなりません。

例えば

"she is pregnant now."
「彼女妊娠中だよ」

と、言われたら

"Is she??"
「そうなの!?(彼女が?)」

となります。
相手の会話文が"She is…"で始めるのでこっちも"She"を使って”Is she?"(Be動詞+主語)になります。

また、

"You were snoring last night"
「昨日お前いびきかいてたよ」

なら

"Was I?" (過去Be動詞+I )
「え、まじ?(俺が?)」

または、

"It's really expensive."
「これたけーよ」

に対して、

"Is it?"
「そう?」

Be動詞ではなく普通の動詞を使った文章の場合は、

"He got an iPad2 yesterday."
「昨日彼iPad2買ったよ。」

"Did he?"(普通動詞(過去)+he)
「そうなの?(買ったの?)」


また、変則として、動詞と主語の位置をひっくり返すと、すごく驚いた印象になります。
(…と書きつつも、こう思っているのは僕だけかもですが(苦笑))

"I got married."
「俺、結婚したよ」

"What?? You did??"
「ええ!!したの???」

コツは、最後の"did"をものすごく強調して言う事。

まぁ、とにかく、逆でも通用するので、あまり考えすぎなくても大丈夫です、という事です(笑)



このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...